2018年01月01日

Blue in Green

No more, “I can’t breathe”.jpg




暴力的な交通で相槌を打つ、コンクリートジャングルが残照する。
東ドイツ政府は1989年11月9日の夜に壁の開放を宣言した。
人種差別的な白人警官による不当行為や意識の壁も壊されるべきだ。
誤認逮捕され、道に叩きつけられたせいで左鼓膜に障害が残った。
広告モデル顔負けの肌理で、女は耳に髪を掛け手帳に書いてちぎる。
右上がりの字で、掛け違えたシャツのボタンみたいにキュートなTEL。

「人権問題に強い法律事務所に知り合いがいるの、電話してみて」



大陪審は起訴する合理的な理由が無いとして当該警官を不起訴にした。
同様の事案は度々発生し、無為に命を奪われるケースも相次いだ。
事柄の性質上メディアも大きく扱い、国内各地で抗議デモが起こった。
アフリカ系だけでなく多くの白人もデモに加わった動きは希望に映る。
レモンを搾ったカンパリに氷の隙からビールを注ぎ暫し瞑目する。
避暑地の昼下がりを匂わせる果皮の飛沫を情熱の赤に吹く緑の中の青。
posted by shunpei at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

黒い虹

黒い虹.jpg
posted by shunpei at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

アフリカンスマイル

アフリカンスマイル.jpg


国旗に翻るAK47の野蛮さで濃い褐色の肌に覗く白い歯、
土着信仰も基督教も回教も救えぬ世界で振り下ろした大鉈。

脈絡も無く、断腸の思いで、完膚なきまでに叩き潰す停戦、
国境の人体模型に、赤旗が重なる道標に、あるいは墓標に。
posted by shunpei at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

インディアンサマー

道標.jpg


PKOの兵士が一瞥する紛争地域の信仰を破って、
1946年当時のパレスチナ国境線の鋭さを以て、
3文字が貫く傷口は夏草が茂る湖畔の深い青空だった。
三つ編みを解いた波打ち際に漕ぎ出すカヤックが、
色鮮やかな臓器のように光っている。
posted by shunpei at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

トマトサラダ日和

パパは眠れない.jpg


赤々熟すトマトの緑黄果肉
手摘みで溢れる野菜を収穫
実を結ぶ家庭菜園に響く声
下手な絵に相好を崩す食卓
爛熟の断面に蘇る幼い殉教
短兵急に苅り獲る蒔いた胤
膨らむ涙袋で頷く君は太陽
posted by shunpei at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする