2007年09月01日

Gold

200708311951000.jpg


あの砂山の向こうで、誰かが光を反射して僕を照らしていた。
乗ってきた馬は、木馬に変わってしまっていた。
怖い夢を見たら、何処へ逃げればいいんだ。

-1st-

1.intro
2.Hot Shot
3.London (新曲)
4.South Sounds
5.Africa
6.Love&Hate
7.Baby Doll
8.Harvest
9.Brand new day

-2nd-

1.intro
2.Jazzrum
3.罌粟
4.Your sunrise,my sunset
5.言葉にできない
6.南国の色
7.恋の魔法
8.Bonus Stage
9.Cloudy
posted by shunpei at 04:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

老齢作曲家

I've Just Seen A Face.JPG


思い出しました昔の事を。僕はビートルズさえあれば、他に何もいらないんです。中学校時代、箱型のカセットウォークマンが壊れるほど、夢中になって通学途中に聴いていたものでした。そのあとしばらくして、U2やクィーンも聴いたものの、僕にとってビートルズに勝るものなど他にはありませんでした。今は遠い思い出の中にいるような気分です。そして、目を閉じればすぐ戻れるのです。
posted by shunpei at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

Summer of love.

空色自転車.JPG


両親がイタリアに旅行に行ったので、
僕は60年代の音源をたくさん買い込んで、
Trip without movingしてきます。
文字通り、移動しない旅です。

JEFERSON AIRPLANE
「Surrealistic pillow」1967

BOB DYLAN
「Blonde on blonde」1966

THE BEATLES
「Rubber soul」1965
「Revolver」1966

THE BAND
「The band」1969

CREAM
「Disraeli gears」1967

CROSBY,STILLS&NASH
「Crosby,stills&nash」1969

以下、70年代

NEIL YOUNG
「after the goldrush」1970

DAVID BOWIE
「The rise and fall of Ziggy Stardust and the spiders from mars」1972

PAUL SIMON
「Still crazy after all years」1975


最近6,70年代の音源を大量に買い込んで聴いているのですが、
感想から先に言うと、
「信じられない程のエネルギーの中で、
70年代までにほぼすべてのアートはやり尽くされた」、
という事です。
現代というその余韻の中で何かを創造しようとするのなら、
そうとう温故知新というか、引き継ぐつもりでやらないと、
焼直しにもならないと思いました。
(つまらないと言って破棄して燃やすならそれは面白いです。)
最初重力を発見した時、ニュートンはどう思ったのでしょうか?
それって結構サイケだと思う。
posted by shunpei at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

Shunpei Live ★☆

200706241015000.jpg

Miles cafe

6/27(水)

Start 20:00〜

Charge:1,500Yen+2drinks1,000Yen

浅間俊平(Vo.Pf)

類家心平(Tp)

関谷友貴(Ba)

今泉総之輔(Dr)



写真は美容師の友達のチョッパーです。
オイルタンクかっこいいです。
posted by shunpei at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

Christina Aguilera Live!!

200706211830001.jpg

武道館で、Christina Aguileraのライブを観てきました。
映画ムーランルージュで曲を提供し、
自身のキャラクターイメージも1940年代のアメリカ、
フレンチカンカン娘風にするなど、
かなり僕好みのR&Bシンガーなのです。
ピンクのダイヤモンドみたいに、
爆発的に輝いていました。
あんなにパワフルでキュートでセクシーな人は見たことない!!
ダンサーも一流、バンドは黒い雷のようでした。
ショーのテーマはイカれたサーカスといった趣で、
とっても楽しめました。
XOXO Baby Jane★☆★

posted by shunpei at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

All comes to look for AMERICA

200706110812000.jpg

アメリカのルーツミュージックを辿るため、とっかかりに5曲作ってみました。砂場で遊ぶ幼い自分を見ているような、不思議な懐かしさに捉われました。ずいぶん武装を背負って大人になったものだと思いました。結局自分の事は、自分にしか分からないのです。
posted by shunpei at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

Old Days.

200704271828000.jpg

レコードを整理しました。
親が昔買ったレッドツェッペリン、ライザミネリ、ABBA、
ビートルズ、サッチモやらがどっさり出てきて、大喜びしました。
当時の音源をLPで聴けるのは最高に幸せです。
LPのいいところは、サイズがポスターみたいなところです。
最近はディキシージャズ、フォーク、70'sロックに傾倒しています。
風に吹かれて、自然体でブチきれたいです。ピース!!
posted by shunpei at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

沈める町

夜ってとてもいいです。
僕が住んでいる所は田舎なので、夜になると、
とうの昔にダムの底に沈んだ町のように静かになります。
遠くを走る車の音がするくらいで、
昼間の物は、全部どこかへ行ってしまいます。
posted by shunpei at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

Blind Stars.

200702251731000.jpg


横切る飛行機雲はジッパーになっていて、開けるとそこには夜の星空が広がっているはずだ。星は夜ごと目の中に落ちてきて、両手離して自転車で坂を下る時みたいに、きっとドキドキするだろう。
posted by shunpei at 07:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

日記

200702181719000.jpg

空の色はいつも懐かしくて、思い出の分だけ遠く見えた。
posted by shunpei at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

東横線

200702042041000.jpg

東横線に乗ると、どこまでも行ってしまいたくなります。
横浜に出て、知らない人になりすまして、
知らない人生を生きてみたいものです。
いい音楽を聴いて、新しい人に出会って、
それでも帰りはふっと寂しくなるけれど、
吐息を見上げると月は、
いつも僕を見てくれているような気がしました。
posted by shunpei at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

日進月歩、分進秒歩。

200701142054000.jpg

取り立てて重要なことは、何もない。
でも面白いから、よく立ち読みをしています。



posted by shunpei at 06:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

BLACK/PINK 日記

黒地にピンクで書くよりも、ピンク地に黒で書いた方がいいと思うんだよね。黒地にピンクだと、ちょっとエグい。エッギーでしょかわいく言うと。だってさ考えてみてよ。じゃあね、黒の包装紙でラッピングされたプレゼントの箱に、ピンクの紐で十字に縛ってリボンになってたら、オイオイ何だ?って思うけど、ピンクの包装紙に黒紐で縛って黒リボン付いてたらさぁいいよふつうに!!何入ってるワケ開けてもいい!?ってなるもん。それで開けてグレムリン入ってたら殴るけど、その色合わせはいいと思うなぁ〜。

焼き鳥が大好きなんだけど、もし焼鳥屋で飲んでて「おじさんこの鳥おいしいねぇなに?」って聞いて「トキ!」って答えたら「え?」ってなるよなぁとか思うと、楽しいですよね毎日ね。

ソフトバンクのCM、キャメロンディアス大好き。ああいう人が好き。個人的には最初のブラックスーツ姿の「キャリアウーマン編」が好きです。びしっとキメてるのに「買い物編」で見せるあの表情とか、ああいう人がいたら、たぶん自分の通帳預けちゃいますね。

posted by shunpei at 04:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

楽園

色を見る、という歓びがある。
赤道の官能に溺れて、溢れだす喉に、虹が咲いている。
posted by shunpei at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

Can't stop the music!!

200609232022000.jpg

今日は演奏しながら、いろんな事を感じました。
自分の中に新しい風が吹いてきて、
変わっていくだろうという予感もあります。
ポップソングは、日に日に書くのがうまくなってきてます。
作曲も練習なのだと思います。
お越し頂いた皆様、ほんとにありがとう!!
posted by shunpei at 04:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

めちゃくちゃな五線紙みたいな空

200609181802001.jpg

今日は久々にまるまる一日空いたので、
お気に入りのシャツを洗濯して、
玄関をデッキブラシで流して磨いて、
その後はライブが近いから、ピアノ練習をしました。
予定に追われず練習に専念出来るって嬉しい。
リハを収録したMDを聴いていたら、
やっと自分もマシな楽曲ラインナップを持てて来たなぁと、
ちょっと自分を誉めてやりたい気になりました。
posted by shunpei at 01:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

2006.9/8

地元のホールでライブをしました。
備え付けのピアノが素晴らしく良かったです。
楽器が演奏者に与える影響を改めて感じました。
お客様も、200人近く集まって頂き、
18曲ぶっ通し1時間40分、楽しくライブをすることが出来ました。
お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。
ラベル:2006.
posted by shunpei at 01:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

文化・芸術

一口に芸術と言ってもいろいろありますが、
言論の自由が認められている国、文化圏では、
各々が個性を叫ぶ事ができる。
しかしその自由を認めず、
歌の歌詞にまで検閲を入れる国もある。

思想、文化を国が改革しようなんてナンセンスだし、
少なくとも文化的ではない。


posted by shunpei at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

夏の夜

降るように聞こえた祭りのお囃子も、
今は思い出のように消えて、夜の底は静まりかえっていた。
季節の移り変わりも、ただ気温の上がり下がりのように思えてきて、
物憂げに腰を下ろすと、涼しい風が入ってきた。
まるで遠い空襲のような打ち上げ花火の音も、
思い出したように鳴きはじめた蝉の声で、聞こえなくなった。
posted by shunpei at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

さてと・・

桃のゼリーを食べた。明け方の世界は静謐だった。
冷たい空気を胸いっぱい吸って、
カラダの中の毒を全て出すように深く息を吐くと、
桃の香りの添加物が消えていった。
空は透明で、重力が無ければ、
あの空へまっさかさまに堕ちてゆくのだ、と思った。
それは心地よかったけど、求めるものじゃない。
求めなければ、思い悩まなくていいんだ。
あいつめ。あんちくしょう。
posted by shunpei at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする