2017年12月01日

左右のL字

短い午睡.JPG


眼鏡の奥から見据える一眼   
見透かす動悸に半眼ジト目  
H!と照れかくしの被写体
缶ジュース越しに間接キス
見計らった近くて遠い露出
焦点引っ張って迫る距離感
瞳にフタして拒んだ着眼点 
posted by shunpei at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

アフリカンスマイル

アフリカンスマイル.jpg


国旗に翻るAK47の野蛮さで濃い褐色の肌に覗く白い歯、
土着信仰も基督教も回教も救えぬ世界で振り下ろした大鉈。

脈絡も無く、断腸の思いで、完膚なきまでに叩き潰す停戦、
国境の人体模型に、赤旗が重なる道標に、あるいは墓標に。
posted by shunpei at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

インディアンサマー

道標.jpg


PKOの兵士が一瞥する紛争地域の信仰を破って、
1946年当時のパレスチナ国境線の鋭さを以て、
3文字が貫く傷口は夏草が茂る湖畔の深い青空だった。
三つ編みを解いた波打ち際に漕ぎ出すカヤックが、
色鮮やかな臓器のように光っている。

 
posted by shunpei at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

トマトサラダ日和

パパは眠れない.jpg


赤々熟すトマトの緑黄果肉
手摘みで溢れる野菜を収穫
実を結ぶ家庭菜園に響く声
下手な絵に相好を崩す食卓
爛熟の断面に蘇る幼い殉教
短兵急に苅り獲る蒔いた胤
膨らむ涙袋で頷く君は太陽
posted by shunpei at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

2016年09月01日

ブルー

アーレイバーク級ミサイル駆逐艦ラッセン.jpg


殴打の色比率は危険因子
区別意識で暴徒が色処理
NΚ細胞が応答して防衛
環境に有効な対応を出力
生存戦略上のサピエンス
星条旗に曝す旭は殺風景
posted by shunpei at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

合戦

ひゅうが・たかなみ・あすか.jpg


護国に殉ずるヘリ護の体躯
墨汁が暈けた黒烟色の国衙
磊落とした礎石の如き艦影
赤丸急上昇で挺する血の海
口火を切る賞賛と批判の嵐
硝煙の影で黙殺される兵士
情勢ディフォルメして報道
posted by shunpei at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

消費型惑星

シュンペイシャボン玉.jpg


コットンが軟着陸した荒れ気味の肌
キュンと胸が苦しくなる恋する惑星
フロ上がりにミストスプレーで保湿
オーガニックコスメレビューも参考
あるといいな外注したトキメキ効果
クラスのあのコのスキンケアレシピ
高いコスメよりキモチでキレイを↑
シャボン玉がパチンと湯気に消えた
二軍でいいよ学内カーストとか無視

posted by shunpei at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天気雨

天気雨俊平.jpg


雨の拍手が止まない舗道で、僕はカラフルに孤立する。

滲んだキャンバスに佇む君は、仰いで途方に暮れている。

降り始めた期待を急かすように、青信号が点滅する。

右肩の冷たさと普段より狭い歩幅で、不意の雨もいい天気になる。

瑞々しい空気に爽やかに風が吹き抜けて、天気雨みたいな笑顔が輝く。
posted by shunpei at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

捧げ、筒。

空砲俊平.jpg


空砲を実砲にして弔砲   
回避不可の報復の砲架
偵察という示威行動に
対領空侵犯措置を展開
天災的に己を許容して 
祝砲放つ日の為に迎撃


posted by shunpei at 04:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

レッドデータブック

レッドデータシュンペイ.jpg


赫赫と二極に分裂する体細胞 
血沸き肉踊る砦を操縦し捕食
赤外線誘導され骨の髄が蛍光 
猿轡を喰いちぎり虹色で屠殺    
光臨する血の雨で言祝ぐ形而
躍り出たグランジュテの光芒
レッドデータに載った旧人類
posted by shunpei at 05:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

ドレスコード

ドレスコードシュンペイ.jpg


甘酸っぱいキッスを嬉々として喋った       
クラスメイトがシャンパンの泡に映る
キャンドルの灯りにほろ酔いで聞き役      
口溶けSweetsが寄り添う気恥ずかしさ
不意に懐かしくなっちゃったな色々と
乾杯って微笑むアンタのせいだきっと
胸に抱いたあの頃の私が知らない感情
こんな素敵な夜なら痛みさえ色づくよ
posted by shunpei at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

ボクっ娘100%

オリオンシュンペイ.jpg


ハートブレイクを齧る放し飼いの獅子座 
オリオンの右肩が超新星爆発を起こして
月が空に二つになってもボクの恋は不変   
天秤アンバランスに揺れる乙女心燃えて
ビッグバンの超光速で永遠を宣誓う王都
運命に翻弄され壊れゆくロシュの限界で
砕け散る心の一閃は己を殺すスピカの棘
虚無の闇に陥落してゆくブラックホール
光さえ虜囚の辱めを受ける重力の奥底で
果たされず燃え続ける恋のフィラメント
星の卵になり愛を讃える新世界の超新星

posted by shunpei at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

アトランティス・ブルー

shunpeiblue.jpg


珊瑚の膝波から変わる波質
未開地を煽った強風注意報
美しい波の数々がブレイク
飛沫の上に躍り出てパドル
風下から風上へテイクオフ
透明の瑠璃に抱かれて転覆
泪の古里で滲む明けの明星
posted by shunpei at 03:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

ヒートアイランド vs 水鉄砲

ヒートアイランド俊平.JPG


廃熱や大量の交通の排気ガス
等温線で描いた都会は熱の島
環境への配慮が不十分な街を
人海戦術で冷やせ水鉄砲作戦     
洗いざらしの水着で順風満帆    
羞恥限界までカウントダウン
摂氏の島の気温を2℃沈めて
弾ける飛沫に透けた君を溺愛
posted by shunpei at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

虹彩

虹彩俊平.jpg


誕生石を瞳に嵌めたみたいに
眩い色で潤う可愛い眼差しは
期待と不安が入り交じる胸を
柔らかく飾る真夏のプリズム
虹を掴むように逆光に翳した
手のフレームいっぱいの恋心
カラダの輪郭全てを溶かして
君と一つになる空と海の境界


posted by shunpei at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

石器時代式アプローチ

石器時代式俊平.jpg


ハートに一石を投じてウィンク
見初めたキミを射止めてみせた
凹凸が激しい床面での秘め事は
C14年代測定法でも暴けない恋 
未熟な野蛮さで嚼み癖はご愛嬌
火山ガラスの降灰に沈む鍵層で
黒曜石製石器が貫く永遠の誓い
歴史に刻まれて風化しない二人
posted by shunpei at 03:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

銀色の雷

銀色の雷俊平.jpg


空対地が叩いた対空システム
劣化ウラン弾を使用した任務
対戦車用の砲弾・弾頭として
米軍とNATOが実装した兵器
30度で急降下し射程1,220m
12.4mの円内に80%の集弾率
残留放射能による被曝区域で
患部に沁みた心の防衛は福音
posted by shunpei at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

生贄

200703211356000.jpg


星砕きの未練で玉砕した涯
氷柱の魅力が射抜いた虹彩
斧を振り降ろす冷笑の氷河
谺する遠吠えが噛み砕く月
碧眼の湖に響いた御神渡り
万里の山脈を支配する銀狼
美しい獣が屠られゆく世界
posted by shunpei at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

不眠姫

IMG_0351.JPG


氷の粒が肌に当たるような凍てついた夜、
柵を飛び越す羊を数えているベッドの中。
夢の門番から閉め出された可哀想な安眠。
乙女の眠りを邪魔する不届き者は恋煩い。     
真っ暗にざわめく夜に描いたガラスの靴。     
午前XII時に魔法が解けるお伽話に憧れて。
結晶の祈りが降り積もった囚われの牢獄。
posted by shunpei at 04:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする