2008年04月21日

Shunpei Quartet Live.

200804190056000.jpg

★★★ Hello, everybody.
Welcome to my show. . . .! ! !★★★

7/19(土)

Boston Dreams

OPEN 18:30
START 20:00〜2stage.

MC3000-


浅間俊平 (Vo.Pf)
類家心平 (Tp)
金森基 (Ba)
今泉総之輔 (Dr)
posted by shunpei at 01:39| Comment(9) | TrackBack(0) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

*Snow flakes.*

*1. 自分自身のイメージ

作曲家。


*2. 自分の中の天使、悪魔的な感情

それをどうにか、音楽で表現しようとしています。


*3. 自分にとってピアノとは

楽器を超えた、一つの世界です。


*4. 自分にとって音楽とは

孤独の中にある、理想郷です。


*5. 楽譜

作曲中は、制作メモが譜面台に散乱しています。
楽譜は最後に仕上げます。


*6. 美しさとは

文化の枠組みによって、様々な基準があります。
所変われば品変わる、という事ですが、とても興味深い事です。


*7. 好きな詩人

美文家が好きです。啄木、宮沢賢治など。
海外の作家だと、翻訳家のセンスも問われますので。


*8. 好きな画家

ゴッホアルフォンス・ミュシャ
デザインと、その色彩感覚が大好きです。
ミュシャの画集は持っています。


*9. 好きな写真家

アンリ・カルティエ・ブレッソン
モノクロ写真が好きです。
インスピレーションの素にしています。


*10. 好きなアニメ

ディズニー作品が大好き。
わんわん物語、ピーターパン、ピノキオなどです。


*11. 好きな映画

ティム・バートン監督作品が好きです。
どんな芸術形態にせよ、ひねくれたセンスに惹かれるようです。


*12. 好きなテレビ番組

ファッション通信。
服の動き・モデルの歩く姿。


*13. 注目している芸術家

Marc Jacobs, Miuccia Prada,
Phoebe Philo, 素晴らしいデザイナーたち。


*14. 子供の頃から持っている物

黄色いボルボのミニカー。
母が音大生時代に使っていたアップライトピアノ。


*15. 長所

好きな事は好き。


*16. 短所

嫌いなことは嫌い。


*17. 社交的か

一人でいることが好きです。


*18. 芸術の黄金時代

19世紀から20世紀にかけて。
終末に向かって加速したとも言えます。


*19. 日本という国

・戦後、敗戦を母とし、アメリカを父として養われた国家。

・食料自給率が4割にも満たないので、
諸外国と関わらざるを得ないという現実があります。

・古典芸能は、素晴らしい文化だと思います。
千駄ヶ谷で能と狂言を観たことがありますが、
体の動き、間の取り方、声の出し方などとても興味深いです。


*20. 最近驚いたこと

ゼロと言う概念は、マヤ文明によって発明されたらしい、ということ。


*21. 好きな諺、四字熟語、故事

・・晴天の霹靂、五里霧中、虎穴に入らずんば虎児を得ず。


*22. 9.11テロをどう思うか

アメリカに対して行われた、初の本土爆撃。
グラウンド・ゼロに行った時も、何も感じなかった。


*23. 自然

やはり何らかの意志が存在している。
こんなの当たり前の事だと、盲目になってはいけない。


*24. 世界史

戦争の歴史と言ってもいい。失楽園ということです。


*25. 今までで一番作曲に苦労した作品は?

最近の曲はどれも印象に残っています。
作曲の醍醐味でもあるのですが、
悩みぬく、ということをしないと、
達成感は味わえません。


*26. 作曲時のこだわり

迫力あるピアノ伴奏を付けられるか、ということが大ポイントです。
以前作った曲とは違った景色を眺めようとします。


*27. 良質な芸術作品の条件

好むと好まざるとに関わらず、
生き生きとした作品であるかどうか、だけだと思います。


*28. 就きたくない仕事

兵士。


*29. 憧れ

サグラダファミリア造る石工たち、
中世のパイプオルガン修理する技術者、など。


*30. 自分にしか分からないこと言ってみて

ドは黒、ド#は漆黒、レは黄色、ミ♭は群青、ミは水色、
ファはベージュ、ファ#は金色、ソはグレー、ラ♭は濃いピンク、
ラは焦げ茶、シ♭は生成り、シは白。続きを読む
posted by shunpei at 03:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする